子どもをまもる正しい携帯電話の選び方
 


子どもをとりまく携帯電話の事情

携帯電話は、今や私達の生活に外すことのできない必須アイテムですよね。

家庭の中で使われている携帯電話は、自然と子どもたちにも触れる機会が多くなり、携帯電話の使用開始年齢は、ますます低年齢化しています

さらに携帯電話の開始年齢が低年齢化しているせいで、犯罪に巻き込まれるケースも多くなっています。

子どもが携帯電話を持ちたいと言っているんだけど、いったいいつ頃から持たせてよいのかな?他の家庭ではいつ頃から持たせているのだろう? 携帯電話を持たせて大丈夫だろうか?

・・・親としては気になるところですよね。

調査によると、小学校の低学年から既に持たせている家庭もありますが、使用率は全体の1割前後となっています。

5、6年になって高学年になると約2割前後に増え、中学生では中1生では全体の48%、中3生になると69%になり、半数以上の中学生が使用していることになっています。

高校生になると、更に使用率は増加し、全体の90%が使用しています。

携帯を持ち始める時期は、現在では中学入学後が全体の40%ほどで一番多くなっています。以前は高校のうちが主だったのを考えると低年齢化していますね。

小学校の低学年の頃は、子どもの意思ではなく親の意思で持たせるパターンが多く、用途は子どもの防犯目的や、親子間での連絡手段として使うために、携帯電話を持たせることが多いようです。

中学、高校になってくると子どもからの希望、要望があって持たせることになる場合が多く、やはり、友達とのコミュニケーションのために携帯電話を使用したい、と考える子どもが多いようですね。

また、電話だけではなく、メール機能を使い始めるようになり、友達とのコミュニケーションは主にメールで行っている子どもが多いようです。

子どもが携帯電話を使い始める時期は、それぞれの家庭事情、親の考え方、生活環境でも大きく変わってきます。

周囲が持っているからと安易に流されず、本当に必要であるのか、家族で良く話し合ってから子どもに持たせるようにしましょう。

このサイトでは犯罪からこどもたちを守るために、そして携帯電話にひそむ危険から身をまもってあげるために、親としてなにを考え、なにをするべきかに焦点を当てています。


トップページ運営者お問い合わせ

 <PR> 現代アート 派遣会社 ランキング 転職サイト比較 クレジットカード年会費無料 なつかしのヒーロー  石垣島

Copyright(c) 2008 子どもをまもる正しい携帯電話の選び方. All rights reserved